神門レーベルCD第2弾 torus2発売記念ライブ

【アクティベーションミュージック「Torus」シリーズ第二弾】が、12月に発売となります。
これを記念して発売記念liveを開催します。

 

アクティベーションミュージックとは、「聴く」「ジャケットを見る」「手に触れる」ことにより生命エネルギーが活性化される新しいタイプの音楽CDシリーズです。


第二弾は、世界的にも珍しいロシア製の打楽器「Rav Drum(ラブドラム)」7台による幽玄な癒しのメロディを、パーカッショニスト、セコ・サンチェスの演奏でお届けします。
全身の神経が覚醒する振動に身を任せてお楽しみください。

 

演奏 セコ・サンチェス(ラブ・ドラム)
   高橋全 (キーボード&コンピューター)
WS  飯島敬一(神門メソッド)


【1部】14:00〜16:00(5,000円税込)
「覚醒ヒーリングライブ」(MAX20名)
《神門マトリックス》体験付き 
※ヨガマットをご用意しますので、床に寝転んで、ラブドラムの響きをご堪能ください。


【2部】18:00〜20:00(5,000円税込)
「サンチェストーク&ライブ」
今回の「Torus.2」の収録秘話など、トークライブの後、生音での響きをご堪能ください。


 

以上の2部構成となります!

 

Live後には、演奏者との交流会を兼ねた【3部:パーティ】も行います。
軽食と飲み物をお出しします。(4,000円税込)
持ち込み歓迎!


《お申し込みはコチラから!!》

広い会場ではありませんので、席数が限られますので、お申し込みはお早めに!

※【1部】+【2部】のセットでお申込みいただきますと、割引があります(2,000円OFF)が、16時〜18時の間、会場準備のため、ご退室頂くことになりますこと、予めご了承くださいませ。


【プロフィール】

Seco Sunchez /地球バイブレーションパーカッショニスト

地球を震わせ、世界を踊らすパーカッショニスト。
アフリカ、中東、南米、カリブ、日本などのリズム&グルーヴをルーツに独自の無国籍な演奏スタイルであらゆる打楽器を操る実力派。
国内外で数々のミュージシャン、アーティストとの活動を経て地球を巡り演奏活動を続けている。


高橋全(たかはし・あきら)/ピアニスト

名古屋生まれ。ドイツ、ハンブルク国立音楽大学に留学後、1995年からピアニストとして活動を始め、1997年、朝崎郁恵との共演CD「海美」リリースをきっかけに自己のインディーズレーベルNAPI MUSICを立ち上げる。
以降自身のソロCDを7枚リリースする一方、歌手のサポート、邦楽、雅楽の分野とのコラボレーション、映像音楽の分野での楽曲製作もこなしている。白鳥哲監督の映画『祈り〜サムシンググレートとの対話〜』(2012)と『リーディング〜エドガー・ケイシーが遺した人類の道筋〜。』(2018)で音楽を担当している。


《お申し込みはコチラから!!》